受験生と励ますさん第2章_2

受験生と励ますさんの物語

前回は大学入試の概要についてのお話でした。
今回はいよいよ各教科の対策に入っていきます。
今回から情報量があまり多くなりすぎない様に、一話につき1教科分の対策のお話を載せていこうと思います。
まずは英語から。それではどうぞ。


第2章_2 大学受験準備-センター英語編-

 5月某日。

 それにしても良い天気だ。
 私は歩きながら思った。
 こういう日こそ、良い子は外で遊ぶべきなのかもしれない…。
 それでも受験生に、天気は関係ないのだ。

 部活を引退してから1週間が経った。
 部活仲間に引退することを伝えると、皆揃えて驚いていた。
 それで今後はどうするのだ、陸上はもういいのか、まじか…、など様々な反応があったが、勉強して大学受験をするのだ、と私が伝えると、難しいと思うけど頑張れよ、そういった応援で快く送り出してくれたのだった。

 受験勉強を始めたこの1週間で、気付いたことがあった。
 受験勉強をしなければ、となんとなく勉強を進めていたが、一向に成功する気はおきなかった。
 何が足りないかを考えると、受験計画が不足していることに気がついた。

 そういうわけで、今日は、ずばり、センター試験の具体的な対策の計画を練ろうと思う。
 私は、先週同様、図書館へ来ていた。

 「それにしても、にいちゃん、受験するって決めてから行動ほんま早いなー!」
 励ますさんが突然、隣に現れてそう言った。

 わっ!っと短い驚きの声を上げてしまった私に、励ますさんが冷静に言う。
 「そんな大きな声出したらみんなに迷惑やで??ほら周りみてみー?」
 周りからの睨むような視線が痛かった…。
 励ますさんは、してやったり顔で、くくくと笑いを堪えていた。

 館内を歩きながら、私はふと疑問に思ったことを口にした。
 「そういえば、励ますさんは他の人には見えないの??」
 すると励ますさんは言った。
 「うちが見えるのは、にいちゃんだけや。他の人には見えんよ。あとうちの声もみんなには聞こえんよ。」
 先ほどの私の驚きの声を聞いて、周りの人は私を変な奴だと思ったに違いない…。

 勉強スペースに着いた。
 私が椅子に腰を下ろすと、励ますさんは言った。
 「にいちゃん、今日はセンター試験の計画を練るんやな?教科は何受けるか決まっとるんか?」
 受験科目は先週決めていた。
 私は自慢げに言い返した。
 「決まってるよ、英語と国語と世界史!」

 それでは、と続けて励ますさんが質問した。
 「じゃあ関学心理に合格するためには、各教科何点くらい取れば良いん?」
 うう…、私は言葉に詰まった。
 「んっと、調べてないです…。」
 励ますさんは大丈夫、大丈夫とジェスチャーした。
 「せやからうちが今日ここにいるんや。このままやったら行き詰まるやろうからな。」

 励ますさんのアドバイスもあり、関学心理に合格するためには、センター試験で何点取れば良いのか調べることにした。

 私は受験本の棚から、参考になりそうな本を取り出した。
 丁度、その本には、昨年の関学心理に合格するための最低点の目安が記載されていた。
 関学心理のセンター利用を、3科目で受ける場合の合格最低点目安は、83%と記載されていた。
 つまり、三教科とも100点換算すれば83点ずつ取る必要がある(センターは厳密には国語200点満点、英語筆記200点満点、世界史100点満点)。
 勉強を、今まで真面目にしてこなかった私からしたら、これはかなり厳しい、そう感じるラインであった。

 私は考えながら、席に戻った。
 半ば勢いで、受験すると決めたが、こんなにも大きな壁なのか、とここにきてはじめて気がついたのだった。

 励ますさんは、考え込んでいる私を見て言う。
 「な?見ててよかったやろ?正確には83%やったけど、少し余裕見て85%やな。にいちゃんはこれからセンター試験で85%を得点するために、受験勉強していくんや。これで目標が少し明確になったな。」
 励ますさんの言う通りだ。
 「センター試験で合格する」、という抽象的なものから、「センター試験で85%を取って合格する」という目標へとより具体的になった。

 励ますさんは、更に次のステップへ、と私を進めるように言った。
 「じゃあ、次に考えたらいいことは何やろうな?」
 私は、ない頭を使って考え、それからこう答えた。
 「どうしたらセンター試験で85%とれるか考えること?」
 励ますさんは、よくできましたと言わんばかりのニッコリ顔をしていた。
 「うんうん。そやな。じゃあセンター試験で85%取るための勉強計画を立てていったらええんちゃうか?全部いっぺんに…は頭一杯なるやろうから、各教科ごとにやってみよか!何の教科から計画立てたい?」

 思えば、今日は勉強計画を立てに図書館へ来たのだった。
 でも、何のための計画か、センターで何点とれば良いかを先に調べていなかったら、その計画は本末転倒になっていたかもしれない。
 励ますさんすげー、ここまで考えて誘導してくれていたのか。
 私は感心して、愚直にも大きな声で答えた。
 「英語!」
 本日二度目の視線が突き刺さった。

 それから英語のセンター試験対策をするために、本やインターネット、励ますさんと相談などを交え、たくさんの調べごとをした。
 そして、いくつかの情報が集められたのだった。
 途中、励ますさんは、お気に召したのだろうか、遊び場コーナーで、真剣な目つきで積み木を積んでいた。

 目をキラキラさせて励ますさんがこっちへ向かって来た。
 「めちゃおもろいなここ!あの積んでいくやつ、めちゃおもろいな!!」
 励ますさんの世界では、積み木はないのだろうか…。
 「あ、そんなんええんやった。調査お疲れさん。英語の計画するのに必要な材料は揃ったようやな!一回ノートに計画まとめていってみ?」
 私はうん、と頷きノートに筆を走らせ始めた。

 センター試験で英語を85%以上の得点を取るための計画。
 ①英単語を覚える
 ②英文法を覚えて文法問題を解けるようにする
 ③短めの英語長文の問題を解けるようにする
 ④英語長文の問題を解けるようにする
 ⑤実際のセンター問題を解けるようにする

 ①〜⑤を一つずつ頭から終わらせていく。
 以下は補足。
 ①では英単語帳を使い、単語を覚えこむ。期間は5月中頃から6月末までとする。英単語を記憶に定着させるには毎日の反復が大切なので②以降の段階になっても毎日単語の勉強の時間を取る。
 ②では参考書を使い英文法を覚えていく。期間は7月から8月末までとする。文法の参考書は2巡以上してしっかりと基礎知識を身につける。
 ③では少し短めの長文問題を解けるようにしていく。期間は、9月から10月末までとする。英文法を勉強した後なので分かる文構造が多く、内容理解がしやすくなっているはずだ。かといっていきなり本格的な長文をするのは大変なので短めの長文をまず解けるようにする。
 ④ではセンター試験とほぼ同じくらいの長さの長文を解けるようにする。期間は11月から11月末までとする。この段階で、センター試験の長文と同じくらいの難度の長文をとけるようにしていく。
 ⑤ではセンター試験の過去問等を使って本番形式に慣れて85%得点できるようにする。期間は、12月からセンター直前までとする。この段階で得点しにくい箇所は補習する。例えば文法の設問が得点できないなら文法の問題集を更にやり込むなど。特に、過去問の問題のやり直しは大切で、解いた後は、しっかり復習をするようにする。

 こうして、英語の対策計画をまとめられた。
 (本書のおわりに、実際に当時立てた勉強計画の参考URLを添付してある)

 励ますさんは、私がまとめたノートを覗き込んでこう言った。
 「これは何や??」
 私は答えた。
 「それは、英語の対策図だよ。例えば、この①の部分は英単語を覚える部分だけど、それをどの期間内にどの参考書をどのように使って覚えていくかを記しているんだ。①〜⑤は時系列で書いているから、これを見て勉強を進めていけば、今のどの地点の勉強をしているか把握ができるんだ。」

 感心した顔をして励ますさんが言った。
 「ゴールに向かって、自分が今どの地点にいるかが常に把握できるいうことやな。」
 うん、と私は頷いた。

 ただ漠然と勉強をするのではなく、今どの地点を勉強しているのかを把握することは、着実に成績を上げるために、モチベーションの維持のために、とても大切なことのはずだ。
 おそらく、今後この計画が私の受験勉強を支えていくのだろう。

 英語が終わったので、次はセンター国語の対策を練っていく。

後日、私が実際に計画した英語のセンター対策の図(例えば物語中の①の英単語は、どの期間内にどの参考書をどのように使って覚えていくかなどが記された図で、①~⑤の対策が図で記されています)はまとめ次第、別ページに載せます。

今回のお話に補足なのですが、
センター試験の英語には筆記以外にリスニングもあります。私の場合リスニングは直前に対策したらいいやと軽視していたのでこの段階で対策計画をしていませんでした(本番でどうなったかというとやはり痛い目にあいました笑)。
受験を成功させるためにも、
どの教科の対策をどのようにしていくかは、本格的に受験勉強を始める前に計画しておくことをお勧めします。

ホームページの最新情報を知りたい方、励ますさんに勉強の相談をしたい方は励ますさんの公式ラインがありますのでそちらから友達追加どうぞ。(https://line.me/R/ti/p/%40zdn4154u

LINEで送る
[`yahoo` not found]

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA